2017年9月17

ルカ 13:6-9「桃栗三年柿八年、ゆずの大馬鹿十八年!」

 

 「桃栗三年柿八年、ゆずの大馬鹿十八年」、ものが、それなりに一人前になるにはそれ相応の時間がかかるということのようです。畑作では一年で収穫を迎えますが、果樹栽培には、実をつけるまでに相当な年数がかかるのです。それ以降も、肥料、剪定、受粉、摘果(てきか)と手のかかることが続きます。

 

 今日の聖書の話、どうして、いちじくの木が1本だけ、ブドウ園に植えられていたのでしょうか。わかりません。
 沢山実をつければ、少しは役だったかもしれませんが、三年以上も、実をつけなかったというのですから、ブドウ園の主人が「役立たずめ、切ってしまえ」というのも、分かる気がします。
 ところが、このブドウ園の園丁は「肥料をやったりして、世話をしますので、待ってください。実がなるかもしてません、そうでなければ切ってください」と頼みました。育てている園丁でさえ、実をつけないいちじくの木は切られても仕方がないと考えていました。

 

 この話は、たとえ話ですから、このいちじくとは私たちのこと、そして園丁とはイエスさまのことでしょう。ということは、私たちが実をつけなければ、切り倒されてしまうということです。「実をつける」とは結果を出すということです。「えぇー、イエスさまも、結局は、結果で判断するのか。結果が出せなかったら、だめなのか」と思ってしまいませんか。

 

 ここで、「そうすれば、来年は実がなるかもしれません」とありますが、フランシスコ会聖書では「そうすれば、来年は実を結ぶでしょう」となっています。そして、「もしそれでもだめなら、切り倒してください」と続きます。「切り倒す」のは、園丁がすることではなく、ブドウ園の主人がすることだといっています。
 そうなのです、園丁のイエスさまは、あきらめていません、それどころか、実を結ぶことを信じています。イエスさまは、「このいちじくの木が実をつけるまで、世話をし続ける」と約束してくださっているということです。

 

 そのように、私たちに関わり続けてくださり、実をつけるのをあきらめることなく、忍耐し、待っていてくださるイエスさまの愛に、気づきたいものです。愛されていることに気づくとき、私たちは変わります。愛されているからこそ、愛することのできる者へと変えられます。

 

 

 

2017年9月10日

ペトロ1 3:8-17「光あるうちに光の中を歩め!

  

 「光あるうちに光の中を歩め」はトルストイの作品です。登場人物のユリウスとパンフィリウスは幼いころから仲良しでした。パンフィリウスはクリスチャンとして歩みます。一方、ユリウスは、放蕩の末、この世の常識にならい、結婚し、商人として成功します。次に、子どもには教育が必要だと、惜しむことなく教育費をつぎ込みます。そして、自分は公職につくため、懸命に努力します、しかし最後には失職し、息子には裏切られてしまいます。
 ユリウスはパンフィリウスの話を聞けば聞くほど、現実離れしていて、それで生活していくことができるのかと信じられませんでした。しかし、パンフィリウスの喜びにあふれ、愛にあふれる姿と、日々を平安な思いで生活していることに羨ましさを感じていました。
 ユリウスは三度人生の岐路に立ち、そのたびにパンフィリウスのところに行き、クリスチャンになろうと思い立ちますが、邪魔が入り実現しません。妻に死なれ、息子に失望し、ようやくパンフィリウスのところに行くことができ、クリスチャンになることができます。長い長い時間がかかりました。

 

 このペトロの手紙は、この「光あるうちに光の中を歩め」の時代と重なります。クリスチャンとして歩むことが、決して楽な状況にはありませんでした。迫害があり、場合によっては殉教も覚悟しなければなりません。
 この世的な損得で考えるならば、損を引き受けなければならなかったのです。なぜなら、ここに記されているように、悪には悪をもって報いることが当然であったからです。誰が、愚かな選択をするでしょうか。正しいことをして、非難されたならば、抗議するのが当然です。しかし、その正しさがクリスチャンとしての正しさであったとき、その非難を甘んじて受け入れなさいというのです。その苦しみを引き受けなさいと勧めます。
 「善」「善いこと」「善い生活」と、「善」が強調されています。「善」とは「悪」と対立するものではなく、神の御心に適うことということです。神の思いに適うことをするとき、私たちに平安が与えられ、平安の中にいるというのです。世の中が不確かであればあるほど、真実の平安を求めます。

 

 現在、私たちに平安はあるでしょうか。平安を何に求めているのでしょうか。健康、経済力、保険などでしょうか。しかし、それらが、実際は当てにならないことを知っています。平安は私たち自身をすっかり委ねきることができるものからしか与えられないからです。光あるうちに光の中を歩みたいものです。イエスさまのうちに、光を見出した人は幸いです。

 

2017年9月3日

イザヤ 21:11-12「やまびこ!」

 

 「ヤッホー」と、山に向かっていうと「ヤッホー」と返ってくる。やまびこのおもしろさです。しかし、どこの山ででもできるというわけではありません。向こうの山に山彦さんがいて、こちらのいうことをオウム返しにしているのだと、それで、この現象をやまびこと呼ぶようになったといいます。

 

 ここでは、エドムはバビロニア帝国に支配されていました。ドマとは「沈黙」という意味で、エドムの状況を暗示しています。これから、どうなるのか、一体いつまで、この状態が続くのか、不安でした。エドムの人々は、バビロニア帝国の支配から一日も早く解放されることを願っていました。

 

 ここで、見張りの者とは、預言者のことです。預言者イザヤに使者を送り、「今は夜の何どきか」と尋ねました。「夜」とは「困窮」「困難な状況」を意味します。まさに、厳しい状況をいいあらわしています。
その答えは「夜明けは近づいている、しかしまだ夜なのだ」でした。 「夜明け」とは「朝」のことで、「救い」「幸い」を意味します。ですから、解放のときは近づいている、しかし、今はまだ夜、このままの状態が続く、しかし、必ず夜明けは来る、朝は来るという宣言なのです。
そして、さらに勇気づけるように「どうしても尋ねたいならば、尋ねよ もう一度来るがよい」と答えがありました。「耐えられないほどに、苦しくなったら、もう一度来るがいい」といいます。
 日野原重明先生は、患者さんとその家族に、「いつでも、電話してください」といっておられたそうです。そして、どんな深夜にでも、掛かってきた電話には出、少し声の調子を高めにされ、迷惑ではないことを伝えた。相手に安心してもらうことが最も大切なことと知っていたからだといいます。

 

 現在、そのような闇の中、夜としか思えない中を歩んでおられる方もあることでしょう。いつまで続くのだろうか、そして、この苦しみに耐えることができるだろうかと、不安を感じておられることでしょう。
 まさに、このエドムの人びとと同じです。必ず、夜明けは来る、朝は来ます。しかし、今はまだ夜なのです。ですから、耐えられないほどに苦しくなったなら、助けを求めて好いのです。慰めと励ましを与えられ、もう一度、辛さに耐える力を受けとりましょう。
 教会は共に助け合う群れです、共に祈り、ときに共に倒れ、力のなさを感じるかもしれませんが、それでも仲間であることを喜ぶことができます。

 

  

 

2017年8月27日

マタイ 5:9「SWOT!」

 

先週、連合牧師家族研修会があり、宣教研究所松見享子講師の指導で、「SWOT」による教会の分析のワークショップを行いました。SWOTとは、四つの項目の英語の頭文字で、教会の「強み」・「弱み」、教会が置かれている地域から与えられる「機会(チャンス)」・「脅威」です。教会の幻を考えるとき、活用できますが、私たち一人ひとりについてもあてはまりそうです。

 

今日の箇所は、山上の説教として知られています。イエスさまが、到来しつつある神の国について語ってくださいました。どのような人たちが神の国にふさわしいのか、また、どのようなことをすべきかを教えています。

 

イエスさまは「平和を実現する(つくり出す)人たちは幸いである」といいます。ですから、「平和」は実現させる、つくり出すものということです。
 確かに、この現実の世界を見るとき、日常的にテロがあり、平和が脅(おびや)かされ、テロの脅威に断固対抗しなければならないと声高に叫ばれています。平和は積極的に自分たちの力で実現するしかないと思ってしまいます。
 しかし、平和とは、テロや戦争の状態からの回復だけを意味しているのではありません。ここでいう「平和」とは、絶対的な平和のことです。あらゆる状況の中での平和です。ですから、言葉をかえると「シャローム」といえます。「シャローム」は挨拶にも用いられ、「あなたに神の平安がありますように」と、神の平安が実現することを願うことです。

 

神の平安がその人のうちに実現していること、それがここでいう「平和を実現する人」のことです。その人が、「神の子」と呼ばれるというのです。
 それは、まさにイエスさまご自身のことです。ですから、平和を実現する人とはイエスさまのことなのです。イエスさまはご自身をさして、「私こそ、平和を実現する者」と宣言されたのです。
 そして、「私にならう者になりなさい。共に平和を実現する者となろう」と呼びかけてくださっているのです。

 

私たちは自分の弱さ・強さと置かれている状況から自分を見つめていく必要があります。私たちは現在を生きる者として、この不安にあふれた中で生きるには、イエスさまに信頼し、イエスさまに従って生きることを選び取り、イエスさまが与えてくださる平安に委ね、自分の内に平和を実現することこそ、幸いな人生といえるのではないでしょうか。